私は高杉晋作

頭がおかしいと言う人が「頭がおかしい」

【もう疲れた?】あなたの人間関係が苦しい理由

約 8 分

 突然で恐縮だが以下のリクナビネクストの調査で会社を辞める理由を見てみてほしい。

紐解いていくと面白いことがわかる。

 

 

next.rikunabi.com

1位の「上司・経営者の仕事の仕方が気に入らなかった」

3位の「同僚・先輩・後輩とうまくいかなかった」

7位の「社風が合わなかった」

 

記事でも言及されているが、トップスリーのうち二つが「人間関係」にまつわるものである。

給与などの労働条件よりも、人間関係が退職の引き金に
退職理由のホンネランキングトップ3には人間関係に対する不満が2つもランクイン。2位には、「長時間勤務」や「休みが取れない」、4位には「給与が低い」などの労働時間・環境に対する不満が挙がった。労働条件よりも人間関係の不満で仕事を辞める人が多く、特に上司や経営者など、自分より地位の高い人との人間関係がネックのようだ。

退職理由のホンネランキングベスト10/リクナビNEXT[転職サイト]

 

 そして、トップテンを総合してみると4割以上が人間関係からくる疲れ苦しみから離職を決意しているようだ。

 

今や給与以上に人間関係というのは仕事を続けていく上でのモチベーションとなっているようで、それがなければいくら年収1000万円だろうと毛嫌いされるようだ。

 

 

なぜこれほど多くの人が人間関係に苦しいと感じるのだろうか? 

この問いに対して、私は思想家・哲学家として個別の人間関係に目を向けることはしない。

 

 

世の中全体という観点からなぜこのように人間関係苦しい人が多いのかを分析するのが趣味である。

 

 

 

今日は、あなたも含め多くの人が人間関係疲れたと感じる理由に迫りたい。

  1. 「人間関係」の苦しみは「平等」が標榜される時代だから
  2. 「共感」を求める時代は人間的に死んだ時代
  3. 「どうやったら適応できるか」を考えてはいけない

 

1.「人間関係」の苦しみは「平等」が標榜される時代だから

現代の日本というのは、階級制度や貴族制度がなくなってもう150年くらいが経つ。

 

生まれもって特別という人は消滅し生まれたときから他の人とは違うと決まっているのは皇族くらいのものである。

 

これは良く言えば、「デモクラシーの時代」、「平等の時代」と言える。

 

 

しかし一方で、トックビルの分析を借りれば、一人一人が取るに足らない存在になった時代とも言えるし、自分は周囲にいる人と何もかも同じ人間であるはずだ(あってほしい)という考えに満ちた時代ともいえる

 

一国の人民において境遇が平等になるにつれて、個人はより小さく見え、社会はより大きく映る。あるいはむしろ、市民の誰もが他の人と同じになって、群衆の中に姿を没し、人民全体の壮大な像のほか、何も見えなくなる。

トックビル『アメリカのデモクラシー』

 

 

つまりこのような時代でうまく人間関係を保っていくには「すべての人は同じである」という感覚(前提)を持ち合わせていなければ苦しいということになる。

 

・・・すべての人と同じでない者、すべての人と同じ考えかたをしない者は締め出される危険にさらされているのである。ところがこの「すべての人」が真に「すべての人」でないことは明らかである。

・・・以上、現代の恐るべき事実であり、その偽りない残酷な実相なのである。

オルテガ『大衆の反逆』

 

あなたが疲れたと感じる理由は一つではないだろうか。

 

あなたにとって世の中の人間は「すべての人」とひとまとめにみなす暴力的な考えとは正反対に「皆がそれぞれ違うはずだ」というユニークネスを前提としているからではなかろうか?

 

そう考える原体験はわかりかねるが。。。 

 

 

残念ながら世の中の多数派の見方は正反対である。

つまり、自分も周りも「すべての人」として同じであるはずだという確信に満ちている。

 

 

それゆえにあなたと相手の間には常に摩擦が生まれる。

 

 

この対立というのは根本部分を辿れば解消不可能なレベルであり、あなたからすれば向こうの考えは永遠に理解できないし、向こうからすれば「狂人が一人いる」となる。

 

 

そういった根本的な前提の違いが些細なストレスや疲れたという感情を生み出し離職につながることを想像することは難しくあるまい。

2.「共感」を求める時代は人間的に死んだ時代

私の考えはまだまだ世の中に広まらずに残念であるが、、、、

 

 

私の見解ではあなたのほうがまともである。

 

 

なぜなら、「共感」を求める時代は人間的に死んだ時代だからだ。

 

例をあげよう。 

 

あなたがもしfacebookやらTwitterをやっているなら今開いてみてほしい。

その中で、更新頻度が高い人ほど人間的に病んでいるか、最悪の場合は死んでいるのではないだろうか?

 

あれは内面的に病があるもしくは内面的に死んでいると考えてほぼ間違いない。

 

 

 

ここで、しばしば混同されることがあるので補足をしたい。

社会の円滑な運営において各人の「自由」を最大化するための「合意」は必要だ。

これは「共感」とは言わない。

 

 

「共感」とは、先ほどオルテガの引用にあったように「すべての人」を逸脱しない程度であることを相互に確認し合う営みのことを指すのだがこれを非人間的だと私は言っているのだ。

 

 

SNSに度々現れる人は一見自分は特別なことをしているという差異性をアピールしていると勘違いされがちだ。

 

しかし、実態は正反対だ。

彼ら・彼女らが投稿するものというのは基本的に「すべての人」に受け入れられる範囲に必ず留まっているはずだ。

 

 

私は少なくともFacebookで乱行パーティーをやったとかポルシェで銀座をドライブしたといった逸脱を目撃したことはない。(最近やってないので今は変わってる可能性が0ではないんだろうけど。。)

 

 

 

 

そうは言いつつ私も時折「共感」を求めてしまう心情がないわけではない。

 

ただ、その共感を欲する時というのは、自分で言うのもなんだが間違いなく「自分の卑小さ」や孤立感を感じている時だと理解している。

 

高貴な種類の人間たちは、自分こそが価値を決定する人間だと感じている。こうした人々は他人から是認されることを必要としない。・・・価値を作り出す人々なのである。

ニーチェ『善悪の彼岸』

 

共感を求めた先に価値のあるものは何もない。

 

 

 

 

 

いろいろと話が随分それたように感じるかもしれない。

しかし、これはあなたの人間関係苦しいと感じることへの解決策につながる。

 

 

それをまとめよう。

 

 

まず、「共感」を求めようとする人間関係を持ってはいけないのだ。

それは非人間的なのだから。

 

 

あなたは「すべての人と同じである」という平等の世紀において多くの人が持っている感情を幸か不幸か持ち合わせていない。

 

 

それなのに「すべての人」に共感してもらおうとしているのだから苦しいのは当然である。さっさとやめたほうがいい。

 

私が言いたいのはそれだけだ。

 

 

最も恐れるべきはその「すべての人」と同じ状態に適応を試み、それを完遂し心地よさを感じる瞬間である。

 

3.「どうやったら適応できるか」を考えてはいけない

今は、なぜか「共感」がもてはやされ、適応できない人はどうすれば人間関係がうまくいくかと必死に考えるとんでもなく恐ろしい時代である。

 

 

あなたは人間関係において苦しいと感じるし、疲れたと感じているのであれば、まだ内面的に死んではいない。むしろそれは素晴らしいことなのである。

 

 

私は、ぜひあなたにハンナ・アレントの『政治の約束』の最後にあるこの素晴らしい言葉を読んでほしい。

 

この部分だけのためにこの本を買う価値があると言ってもいいほどに素晴らしいことが書かれている。

現代における無世界性・・の拡大、人間と人間の間にある、ありとあらゆる事柄の衰退は、砂漠の拡がりと言うこともできる。・・・私たちは、もし砂漠の生活という情況下で生きて行けないとしたら、それは私たち自身に何か問題があるからなのではないかと考え始める。心理学は私たちを「救済」しようとするのだろうが、それは心理学が、私たちがそうした情況に「順応」する手助けをして、私たちの唯一の希望を、つまり砂漠に生きてはいるが砂漠の民ではない私たちが砂漠を人間的な世界に変えることができるという希望を、奪い去ってしまうということを意味しているのだ。心理学は全てをあべこべにしてしまう。私たちは未だに人間であり、未だに損なわれていないのである。危険なのは砂漠の本当の住人になることであり、その中で居心地よく感じることである。

ハンナ・アレント『政治の約束』

 

 

現代は「平等の時代」としてあらゆる個人の差異は消滅したと考えることが当たり前の時代である。

 

 

それにより多くのものを得た一方で、周りに信じるに足るものが何もない砂漠を突如として誕生させてしまった。

 

 

そこに今苦しいと感じ、疲れたと感じているのはまだあなたがあなたである証拠である。

 

真に恐るべきはアレントが言ったようにそこに適応し内面的な死を選択することであり、それに向けて努力することなのである。

 

おもしろきことなき世を面白く

f:id:zyunn14641:20161010230429j:plain

https://www.amazon.co.jp/%E6%94%BF%E6%B2%BB%E3%81%AE%E7%B4%84%E6%9D%9F-%E3%83%8F%E3%83%B3%E3%83%8A-%E3%82%A2%E3%83%AC%E3%83%B3%E3%83%88/dp/448086380X/ref=sr_1_1?ie=UTF8&qid=1479906448&sr=8-1&keywords=%E6%94%BF%E6%B2%BB%E3%81%AE%E7%B4%84%E6%9D%9F

 

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)