私は高杉晋作

頭がおかしいと言う人が「頭がおかしい」

人生、根暗が丁度良い 

約 6 分

一般的にというか、ほぼ普遍的に「明るい」性格は大人気だ。

 

 

 

学校時代から、クラスのムードメーカーという回し役を務めることが多く、異性からもモテモテである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 一方で、根暗の学生時代というものは、ろくなものではない。

 

 

 

 

 

 

 

具体例を挙げたい。

その例が私で恐縮だが、私は学生時代、根暗故に、不遇に不遇を重ねてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

クラスの中では、いわゆる同じ「イケてない」奴同士肩を寄せ合い肩身の狭い思いをしたものである。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、「明るい」人間たちからは嘲笑の対象となるのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この話、分かる人はわかると思うのだ。

(わからない人は、随分楽しい学生生活を送ったと推察される。)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、24という歳になって思った。

 

 

 

 

 

 

根暗でも良いんじゃないの?ということに 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

根暗も捨てたもんじゃないと立ち上がることにした。 

f:id:zyunn14641:20160223213616j:plain

 

 

 本日は、根暗を代表して、「根暗」の良さを考えたい。

 

 

 

1.嘘をつけない

 

 

 

 

まず、「根暗な人」を定義しておきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

具体的に言うと、「根暗な人」とは、「些細な会話」や「コミュニケーション」という言葉を嫌悪する人間を指す。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なぜ「些細な会話」が苦手なのかというと、彼ら・彼女らは、社会で酌み交わされるこういった会話の99%がウソということにいち早く気付いているからだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 つまり、彼ら・彼女らの沈黙は、何か言おうかと思うものの、嘘をいうことが出来ない結果である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この根暗な人の良さは、一言で言えば、「嘘をつけないところ」にある。

 

 

例えば、以下のことをいうことが出来ない。(言えても下手である) 

 

 

 

「〜さん素敵ですね。」(思ってない)

 

「今日いつもと違いますね」(とりあえず言ってみた)

 

「それすごく興味あります。わたしもやってみたい。」(絶対やらない)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「ひねくれてるだろ」とか「社会で生きてくためには必要なの」

 

とあなたは言うかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、私からすれば、よくそんな思ってもないことを言えるなという立場は変えられないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 下記のような会話も言えない。

 

 

「今日の飲み会楽しかったです。また誘ってください」

 

「ゴルフやってみたいなあ」

 

「先輩のお話っていつもためになりますよね」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

本心からこういっているニホンオオカミのような人は実在するのかもしれない。

だが、そんなあなたは、とんだ希少種だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

嘘をついて人生が楽しいなら私は否定しないが、思ってもないことを言うというのは中国共産党も冷や汗をかく言論統制といえる。

 

 

f:id:zyunn14641:20160223214336j:plain

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2.嘘を見抜く

 

さっきから、わかったように話しているが、実はこれができるのは、私が根暗だからこそだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

根暗人間の洞察能力を侮ってはいけない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だてに、学生時代から日陰で過ごしていたわけではない。

人を見続けている間に高い洞察力を獲得したのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

例えば、私は、「笑顔」が評価される世の中に嫌気が差している。

虚構で塗り固められた表情だからだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「あ、今こいつ笑ったフリしてる」といつもわかってしまう。

そして、「この人は信頼出来ないなあ」と思ってしまうのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目の前でウソを疲れている人に何かを相談したり、何かを買いたいとは思わないでしょう。 

 

 

 

 

 

 

 

 

だから、根暗人間からすれば、あの作り笑顔が評価される理由は到底わからない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 なにがいいたいのかというと「笑顔」は世の中で随分過大評価されているということだ。 そして、それを改めるべきと言いたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

恋愛の例で言うと、「女性を好きになる理由」で「笑顔」が入ってくる。

しかしながら、わたしに言わせればあれは嘘だ。

 

 

 

 

 

 

なぜなら「笑顔が」素敵な女性というのは、存在しないからだ。

 

 

 

「笑顔でなくても」素敵な女性か、「笑顔でも」ブサイクな女性の2通りしかいない。

 

 

 

f:id:zyunn14641:20160223214613j:plain

 

 

 

露骨に美人とかブスとか言わないための予防線程度しかなく、本質はウソなのである。(顔が可愛い=笑顔が可愛いはイコールだと言いたいのだ。)

 

 

ちょっと話がそれてしまったがまとめたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

根暗は、洞察を常日頃から無意識にしている。

 

そして、その精度を日々高めていく。

 

 

 

 

 

 

外向的なあなたが笑っていられるのは今のうちだ。

寝首をかかれないよう注意してほしい。

 

 

 

 

 

 

3.根暗であることを誇りに

 

 

岡本太郎が『自分の中に毒を持て』の中で、よく言っていたが「明るい」ことが素晴らしいという刷り込み(パラダイム)はとんでもなくうざい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

どうやら学校がその刷り込みをする最初の場所なようである。

 私も最近までそのパラダイムに悩まされてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

根暗を代表して言いたいのが、こんなパラダイムに縛られていたら自分たち(根暗)の良さを失う。

 

 

 

 

 

 

 

中途半端に「笑ったふりをする」のが得意な人間になってもろくなことはない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

根暗はいいことも山ほどあるんだと思うことが我々の残された道である。

今更明るくなろうだなんて思っても辛いだけだ。

 

 

 

 

 

折れずに根暗の良さを普及させんと頑張ろうではないか!

 

 

 

 

 

お読みいただきありがとうございました。

f:id:zyunn14641:20160223210932j:plain

www.amazon.co.jp

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)