私は高杉晋作

頭がおかしいと言う人が「頭がおかしい」

「楽しいとは何か」〜この価値観で付き合う人間の9割が決まる〜

約 4 分

あなたにとって「楽しい」とは何でしょうか?

  

 

本日は、最近周囲と「楽しい」という言葉に認識のズレが有るなと思うきっかけがあり考えてみました。

 

 

 

1.「今」楽しい

 

 

「根拠もなく断定的に言うな」と言われそうではありますが、あえて言いたいと思います。

 

 

 

世の中の99%の人にとっての「楽しい」とは「今」楽しいことなのです。

 

 

具体的に言いましょう。

 

「飲み会に行って楽しい」

 

 

「Youtubeを見て楽しい」

 

 

「パズドラが楽しい」

 

 

「風俗に行くのが楽しい」

 

 

「回転寿司(次亜塩素酸)が美味しい」

 

 

 

世の中で、多くの人が楽しいと言っていることを挙げてみました。

私には、これらが「楽しい」という感覚についていけないのです。

 

 

 

 

 

なぜなら、これら「今」楽しいことというのは終わった瞬間、虚しいだけであることに気付いたからです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

落ち着いて聞いて欲しいのです。

 

「今」楽しいだけが「楽しい」の定義ではないということです。

 

 

 

 

 

 

 

 

この「今」楽しいは、「外部が創りだしたもの」でしかなく、持続性が乏しいために、それが逆に虚しさをもたらすのです。

 

 

 

 

2.もう一つの「楽しさ」とは?

 

 

これは、一言で言えば、「自分を変える楽しさ」です。

 

 

 

 

この「自分を変える」という行為は、「何かを学ぶ過程」でおこります。

 

 

 

 

 

私が思うに、こちらの「楽しさ」の方が、「今」楽しいよりも100倍毎日を充実させられます。

 

 

 

 

 

 

このメカニズムは言葉にするのは難しいですが、ポケモンのような育成ゲームに夢中になるのと感覚としては、非常に近いです。

 

 

 

 

 

 

ただ、そのポケモンのような「ゲーム」以上に、自分が成長できている実感を得るゲームは楽しすぎるのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「自分を育てる」作業とは、「学ぶこと」にほかならないのですが、 

 

 

 

 

それでは、学ぶ目的はなんなのか?

 

 

 

 

 

 

 

という疑問を持つかもしれません。

これに正解はないと思います。

 

 

学ぶ行為自体に意味があるということもわかります。

 

 

ただ、ここでは自己目的化ではなく、あえてその理由について言及してみます。

 

 

 

 

 

なぜ学ぶのか、それは、「自由」を獲得するためです。

 

 

 

 

 

 

 

 

この「自由」は人によって求めるものが異なると思います。

私の場合、自分が叶えたい野望がかなった時に「自由」だと感じると思います。

 

 

 

 

 

 

こういった各人の「自由」を追い求める「学び」こそ、我々を変えてくれるという期待が膨らむという意味で、「楽しい」と思うのです。

 

 

 

 

 

 

 

 

3.「学びの楽しさ」はあらゆる「楽しさ」を凌駕する

 

何度でも言いたい。

優等生ぶるつもりなどなく、「学ぶこと」こそ「最も楽しい」と。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、人生がつまらないと思った時にこそ逆にわかります。

1で述べた「今」楽しいという考え方は、「楽しくない」時にすべて社会や周りの人間のせいにします。

 

 

 

しかし、結局は自分を満たしてくれないことに気づくに連れ虚しさが募ります。 

 

 

 

 

 

 

一方で、「学ぶ楽しさ」に気づいた人々は、「楽しくない」ときに「自分を変える」ことで対処しようとします。

 

 

 

 

 

しかしながら、現実は、多くの人が、「今」楽しいに取り込まれています。

 

 

 

いつになれば虚しいと気づくのか??

 

 

 

 

 

「Youtubeを見ることを楽しいと思うこと」

 

「パズドラを楽しいと思うこと」

 

「飲み会にいって騒いで楽しいと思うこと」

 

 

 

 

 

これらが、人生における究極の「楽しみ」だとしたら人生というのはあまりに退屈すぎると速く気付いて欲しいのです。

 

 

 

 

あなたが「楽しい」と思っていることを一度見なおしてみてください。

それがあなたの虚しさの源泉かもしれないです。

 

 

 

 

お読みいただきありがとうございました。

 

  

f:id:zyunn14641:20160128214441j:plain

www.amazon.co.jp

 

Comments & Trackbacks

  • Comments ( 2 )
  • Trackbacks ( 0 )
  1. 「楽しみ」について読ませていただきました。「成長による楽しみ」という点に共感します。一時的なもの、外的なものにとらわれない生き方理想にしたいものです。

  2. コメント頂きましてありがとうございます。この当時と若干思想が変わった箇所もあるのですけども、お役に立てたなら幸いです。

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)