私は高杉晋作

頭がおかしいと言う人が「頭がおかしい」

人間にとっての最大の罪とは

約 4 分

人間は死んだ後、生前の所業に応じて天国に行くか地獄に行く

 

 

聞いたことがあるでしょう。

わたしもあります。

 

 

 

 

 

 

大人になるにつれてこの話を忘れかけていましたが一冊の本に記憶を呼び起こされました。

 

 

 

 

その名は、ダンテの『神曲

 

ルネサンス勃興のきっかけを作った詩人・政治家ともいわれています。

 

 

 

 

 

本日は、ダンテが『神曲』のなかで描いた地獄を通して、人間の罪について考えてみました。

 

 

 

1.人間に取って最大の罪とは

 

神曲』は現世で生きる気力をうしなったダンテ(作者と同じ名前)がウェルギリウスに連れられて地獄を旅する物語です。

 

 

 

その地獄は、現世でした罪の重さに比例して、より奥底に連れて行かれます。

 

 

「人殺し」「盗み人」「売淫」「人身売買」

 

現世にて様々な罪があります。

 

 

 

 

 

 

では、地獄の最下層にいる罪人とはどんな罪を犯した人でしょうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「裏切り」を犯した人なのです。

 

「肉親を裏切ったもの」「祖国を裏切ったもの」「神を裏切ったもの」

といった人が出てきます。

 

 

 

 

 

 

 

「裏切り」こそ最大の罪というダンテのメッセージは考えさせられます。

 

 

 

 

2.あなたは平然と「裏切り」をしていないか?

 

あえてこの問いを問いかけてみたいのです。

 

近頃、「約束を平然と破る人間」「時間を守らない人間」が増えました。

 

 

 

 

 

 

これは、「スマホのせい」であると私は一貫して主張しています。

 

 

 

 

 

「おくれまーす」

 

 

 

 

「裏切り」を実に平然とやってのける人間が多く、しかも彼ら・彼女らが多数派になっているのです。

 

 

 

 

 

 

 

そのため、私のような人間は、「時間にうるさいめんどくさいやつ」といったネガティブなラベルをはられるわけです。

 

 

 

 

 

 

 

まあ個人的には縁を切ればすむだけの話なのですが、、

みんながするからその行動は正しいといえるのですか??

 

 

 

 

 

 

 ニーチェは『道徳の系譜』の中で言いました。

 

大衆の行動基準は、「みんながしているかどうか」が判断基準であると。

 

 

 

 

 

 

 

「裏切り」というダンテの言う最大の罪も大衆によって平然と横行しています。

 

 

 

 

「時間を守る人」「約束を守る人」を守り続ける「大衆に迎合しない人間」を私は正しいと信じ続けたいと思います。

 

 

 

3.スマホをやめてみる

 

最後に

人間最大の罪を克服するためにスマホをやめてみないか?ということを言いたいのです。 

 

 

 

 

スマホのせいであなたは何気なく「裏切り」をしていませんか?

 

あなたは何気なく罪を重ねる人間になってはいけません。

 

 

 

 

 

 

 

 

「何を大げさな」

と言われるかもしれません。

 

 

 

 

しかし、明らかにスマホの普及は「約束」の重さを軽薄にしています。

「大げさな」と思う心が、すでにスマホのせいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

私は、スマホをやめてからはや10ヶ月程度がたちました。それでわかったことがあります。

 

 

 

 

不便なこともありますが、いいことも多いです。

 

 

 

 

スマホをやめてできること

1.「時間は徹底的に守る習慣」

2.「他人に時間を徹底的に守らせること」

 

 

 あなたが、スマホを持つから簡単に約束を破れるし、破られるのかもしれません。

 

 

 

 

 

もし思う所があればやってみてください。

 

お読みいただきありがとうございました。

 

f:id:zyunn14641:20160113204028j:plain

www.amazon.co.jp

Leave A Reply

*
*
* (公開されません)