私は高杉晋作

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は高杉晋作

頭がおかしいと言う人が「頭がおかしい」

学歴より強力な経歴〜あなたは本当の階層を知っているか〜

 

 

 

 

東大

 

京大

 

早稲田

 

慶応

 

 

こういった有名大学は、その学歴を持たない人たちと比べて、経済力が優位となることは公の事実となりつつある。

苅谷剛彦氏などがすでに15年以上も前から指摘。

 

 

 

  

 

 

 

 

 

 

まあこれくらいはあなたも知っているだろうからこれ以上掘り下げることはやめておく。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

今回、ご紹介したいのは、「塾歴」というものである。

 

 

 

なんだそれは?という感じかもしれない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

結論から言うと、東大への近道として入るべき塾があるのだ。

このヒエラルキーは一般に認知されていない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、それゆえにそれを使うものと使わないものに大きな差を生みだしているのだ

 

 

今日はこの塾歴について考えてみた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

使用した著書

 

おおたとしまさ氏 『塾歴社会』

石川一郎氏『2020年の大学入試問題』

神田昌典氏『2022 これから10年活躍できる人の条件』

 

 

 

 1.塾歴社会とは?〜学歴を取得するまでのファストパス

 

 

ディズニーランドにはファストパスというものがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

皆さんが知っていると思うので、あまり詳しくは述べないが、、、

 

 

 

「その券を持っていると通常のルートとは異なるルートでアトラクションに並べ、通常の半分以下の待ち時間でアトラクションを楽しむことができる」というチケットである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが現実世界にもあるのだ。東大に入るための最短経路と呼べるものである。

 それが、塾というマイルストーンである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

具体的に言うと中学受験を「SAPIX」というバスに乗り、有名中学に向かう。

 

 

 

 

 

そして、中高6年間は「鉄緑会」というバスに乗り換える。

 

 

 

 

このルートをたどることで、学歴の最高峰である東京大学に合格する可能性を極めて高めることができるのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

具体的に見ていきたい。

 

まず、中学受験。

 

 

 

 

 

 

 

 

東京大学に長い間合格数1位を顕示している開成中学校の合格者の62%がSAPIX小学部出身である。

 

 

加えて、東大合格率トップの筑波大学附属駒場中学の70%もSAPIX出身者が締める。

 

その他、4位の麻布も5割近く締めている

 

 *3位の灘中学は関西のため率は低い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

知っているかもしれないが、東大合格者の出身高校は、ほとんど中高一貫である。       

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これが意味するのは、こういったトップ10の中学の生徒の占有率が高いことは、SAPIX小学部が「東大合格のための登竜門」であることを意味する。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

次に鉄緑会の方を見ていきたい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、『塾歴社会』の調査では、筑駒6学年(中高)の生徒合計である840人のうち431人が鉄緑会に通っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

先程も述べたが、筑駒は、東大への合格率がナンバーワンの高校である。

驚異的な割合といえる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、特筆すべき項目として、日本最難関ともいわれる東大理三(医学部)の合格者100人の打ち6割以上を鉄緑会出身が締める。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 とんでもない割合と思わないだろうか?単なる偶然とは言い難い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういったことを書き始めるとキリがないのでまとめに入る。

 

 

 

 

 

小学校時代 SAPIX→有名中学に進学

中学高校時代 鉄緑

 

これが東大合格のための最短ルートである。

 

 

 

 

 

これが、学歴社会と呼ばれる世界の裏で走っている「塾歴」という世界である。

 

 

 

 

 

 

 

恐ろしいのが、わたしのような田舎者は、そもそもこのレールがあることをしることすらできないということだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3大予備校でどれが良いだろうか?それとも東進かな?といったことを考えていたものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このレールに乗るためには、都市部に済み、それなりに経済力があることが必要だということである。

 

 

 

 

 

 

 

 

2.塾歴社会の功罪

 

1から何が言えるかというと、凡人を東大に入れるのに一役買っているのは、有名中学・高校の指導のおかげではないということである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

SAPIXに入った後、鉄緑会というキャリアを中学高校の間に踏むことの方が重要である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あまり詳しくない人のために少し補足すると、東大合格者の出身高校にあげられる有名高校は、実はとてもゆるい校風だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

自分の好きな学問をするように仕向けたい方針なのだと思われる。

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、筑駒や開成、東大寺などは、東大に行くための塾のような役割を担うことはないということである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  

 

 

では、鉄緑会はどういう塾なのか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

鉄緑会というものに通っていたわけではないので、本著を基に、鉄緑会の特徴を紹介したい。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、鉄緑会というのは、徹底的に東大に受かるための「型」を身につけさせようとする塾である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、この塾には誰でも入れるわけではない。

無条件で入れるのは、指定の有名中学・高校(8校ほど)に所属する生徒だけである。

 

 

 

 

 

 

 

それ以外は、試験を受けなくてはならないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

簡単にいえば、「こうすれば東大に受かる」というのを「頭の良い学生」に徹底的に詰め込むのだ。

 

 

悪魔的に効率がいい方法だといえる。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こういうと悪く聞こえるかと思うが、東大に入るというゴールに対して極めて効率的なやり方である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

受験もプロに委託する時代になったのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

このプロに委託すること(塾歴社会)でおこる疑問が3つあるのだ。

 

 

 

 

1つ目が、「東大に入ることが人生の目標で良いのか?」

 

2つ目が、「自分のスタイルを見つけるという学びをしなくて良いのか?」

 

3つめが、「指示待ち人間になるのではないか?」

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一つ一つの問いはある一つの問いに集約される。

 

 

 

 

塾歴社会は、「大人になってぱっとしない人材」を生み出すのではないか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

「高学歴指示待ち人間」を生み出す構造は塾にあるかもしれないということが見えはしないだろうか?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3.塾歴社会崩壊の予感

 

 

 

 

 

 

ただこうした私立に行かせつつ、高額な塾料金を支払える人たちの既得権益のも崩壊の予兆がみえてきた。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その代表格が、2020年にはセンター試験というものがなくなるという事実である。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

センター試験はたんなる一つの試験でしかないと思うかもしれないが、その影響力は大きい。

 

 

 

 

 

 

 

 

毎年、100万を超える人が同じ時間に同じ問題を解くのである。

これは、他の試験とは比べ物にならない影響力である。

 

 

 

 

 

 

 

 

つまり、学力テストのデファクトスタンダードと言える。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

それが全く姿を変えるということは、コペルニクスも驚きのパラダイムシフトが起こることが予想される。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その新テストは一言で言えば、「模範解答がない」テストである。

 

 

 

詳細は、『2020年の大学入試問題』を参照していただきたい。結構面白い。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1つ例を挙げると、よくわからない写真を魅せられて800字で論述するといったものだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

神田昌典氏の『2022 これから10年活躍できる人の条件』にも記載があるが、歴史サイクル論的に言えば、2010年は大変革が起こる時代と言われている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

教育という面は間違いなく、大きな変化が起こる。

 

 

 

 

 

 

戦後50年以上続いてきた「詰め込んだ知識量を競い、なるべく早く処理する」という形態もついに終わりだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これは、受験を終えた我々大人にとても深いメッセージがある。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

これから人工知能などの台頭で「ロジックを組むことができるもの」や「知識量を競うもの」は労働としてその対価を得られなくなるということを示している。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この変革の時代にあって、和民に行っている場合ではない。

この変革の時代にあって、異業種交流会に行っている場合ではない。

この変革の時代にあって、給料日を楽しみに生きている場合ではない。

この変革の時代にあって、30年ローンでマイホームを買っている場合ではない。

この変革の時代にあって、スマホゲームをしている場合ではない。

 

 

 

 

 

 

現在の勝者が一夜にして敗北者になるのはほんの数年後かもしれないのだから。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

日本という社会は平和ぼけしているというか何ら危機感がないことがわたしにとってとても恐怖である。

 

 

 

 

 

 

 

私は、高杉晋作になるつもりだが、あなたはどうだろう。

 

 

 

 

お読みいただきありがとうございました。

 

f:id:zyunn14641:20160227180025j:plain

www.amazon.co.jp

 

f:id:zyunn14641:20160227180136j:plain

 

www.amazon.co.jp

 

 

f:id:zyunn14641:20160227180238j:plain

www.amazon.co.jp