私は高杉晋作

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は高杉晋作

頭がおかしいと言う人が「頭がおかしい」

「糖質ダイエット」をするバカ

 

「糖質ダイエット」が巷では大流行である。

いわゆるごはんやパン、麺類などを控えるというものである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

だが、単刀直入に言うと明らかに間違っている。

 

 

 

 

 

 

 

 

そして、 方法論の間違い以上に、私はこの考えに流される人間を極めて嫌悪している。

 

 

 

 

 

 

 

 本日は、「糖質ダイエット」の問題とそこから垣間見えるバカの存在について書きたい。

 

 

 

 

1.致命的な誤り

 

「糖質ダイエット??米食わなきゃいいんでしょ」

 

 

 

 

 

 

 

そうだ。

 

 

 

 

 

 

 

といってあげたいところだがことはそう単純ではない。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まず、基礎代謝」を下回る摂取カロリーで実施するダイエットはほぼ100%リバウンドする

 

 

 

 

 

 

 

ほとんどの「にわかダイエッター」が犯すミスである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

基礎代謝とは、簡単に言えば、一日中寝ていてもあなたが消費するカロリーのことである。

 

 

 

 

 

 

 

 

これに活動して消費されるエネルギーを合わせたものが一日の総消費カロリーだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

あまり複雑なことはかききれないので、省略するが、基礎代謝より少ないエネルギーしかとらない場合、「ただ、筋肉が減り、基礎代謝がさがる」という現象が発生する。(名目上体重は減る)

 

 

 

 

 

 

 

 

筋肉が減ると基礎代謝が減るため、消費できるカロリーが減少する。

 

 

 

 

 

 

だからリバウンド体型になるのだ。

 

 

 

 

 

基礎代謝が低いと脂肪がどんどん燃えなくなる体になる。

 

 

 

 

 またすぐにデブに戻るというわけだ。

 

 

 

 

 

まあ専門家でもないので、理論はこのくらいにする。

 

 

 

 

 

 どうすればいいか知りたければ、『ターザン』や『アイアンマン』を読めばいいと思う。

 

 

 

 

 

 

おかしいということだけわかってもらえればいい。

今回の本題は冒頭にも述べたがここではない。

 

 

 

 

 

私が言及したいのは、この愚を実施しているバカについてである。

 

 

2.「~だけすれば良い」が大好き

 

 

糖質制限」もそうなのだが、

 

納豆ダイエット

 

バナナダイエット

 

「トマトダイエット」

 

 

 

 

といったいわゆる「~だけすればいい」というのが世間にとって受けるダイエット方法である。

 

 

 

 

 

 

しかし、なぜこうも次から次へと「~ダイエット」が出てくるのか?

 

 

 

 

それは、特段の成果が出ないからである。

 

 

 

だが、繰り返しになるが「~だけすれば良い」にB層は弱い。

 

 

 

 

 

 

ここでいうB層というのは「ひるおび!」や「ヒルナンデス」で紹介される健康情報をよく精査もせず、実行する人間のことを指している。

 

 

 

 

 

 

 

 

B層はバカなので、「たんぱく質を一日何グラム程度、脂質を何グラム程度、炭水化物を何グラム程度摂取し、運動を何分間行う」といった正攻法の減量方法ではヒステリーになってしまう。

 

 

 

 

 

 

 

正攻法が一番綺麗に痩せれるという考えは決して持たない。

 というより持ちたくないのであろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

「少しでも楽してやせたい」

と言うのが彼ら・彼女らの信念だ。

 

 

 

 

 

 

 

 

彼らや彼女らにとってダイエットとは、小泉純一郎橋本徹の演説のようにシンプルでなくては理解しきれないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

  もうめんどくさいのでまとめると「~だけすればいい」というダイエットが好きなら、あなたはバカだということである。

 

 

 

3.楽をしようとするな

 

私は、有楽町の宝くじ売り場で驚いたことがある。

 

 

 

 

年末ジャンボ宝くじにとんでもない行列ができていたので、興味本位で「これ何分待ちですか?」と聞いたのだ。

 

 

 

すると

「1時間30分くらい」

 

 

と返ってきてひっくり返りそうになった。

 

 

 

 

 

 

 

 当選がよく出る店らしいのだが、見ていてすぐに分かる。

単にそこに人がたくさん来るからよく当選者が出るだけの話である。

 

 

 

 

 

 

 

「楽してお金が欲しいな」

 

 

 

とおもうバカがこれほどまでに多いのかと私は驚いたのだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

金の使い方にうだうだ言う権利もないかと思うが、「宝くじ」を本気で当てようという思考回路を持つ人間に基本的に頭のいい奴はいない。 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 宝くじの話は今回の話とも関係がある。

 

あなたは、宝くじをバカにしているかも知れないが、前述のダイエットと本質は同じだ。 

 

 

 

 

 

 

 

「楽して痩せたい」

 

 

 

 

 

 

 

世の中にはこういった「楽して何かを手に入れよう」という人であふれかえっている。

 

 

 

 

 

 

人生がいつの間にか好転すると本気で願っているのだから救いようがない。

 

 

 

 

 

 そう願い続けて好転することなく死んでいくのが凡人ではないか?

 

 

 

 

 

 

 

現実を直視し、正攻法で挑める人間ほど強者に違いない。

 

 

 

 

 

 

 

お読みいただきありがとうございました。

 

f:id:zyunn14641:20160216222941j:plain

www.amazon.co.jp