私は高杉晋作

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は高杉晋作

頭がおかしいと言う人が「頭がおかしい」

スマホ依存は寿命を縮める

*たまに「である調」で書きたくなる

 

 

 

 

今私は、電車に乗っている。(パソコンを叩きながら)

 

 

 

 

 

何となくあたりを見回してみる。

 

すると両隣、前の人すべての人間がスマートフォンを使っている。

 

高校生

おじさん

OL

おばちゃん

 

 

 

 

と実に幅広い。

 

 

 

 

 

7、7がきて、また、7がきたという感じである。

 

 

 

 

彼らは、夢中で画面と向き合っている。

 

 

 

次の駅に止まる。そして、人が入れ替わるのだが、また同じようにスマートフォンとにらめっこしている。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

なんなんだこの世界は!!

 

 

 

 

 

 

 

 

私がオカシイのだろうか。

最近このように文字で起こさなければ、自分がオカシイと思ってしまう。

 

 

 

 

どうりで『1984』のウィンストンに感情移入するわけである。

 

 

 

 

という経緯もあり、今日は、スマホについて思うところを書きたい。

 

 

 1.あなたは何をしているのか

 

そう聞かれたら次のような答えが返ってくるであろう。

 

 

 

LINE

 

Facebook

 

Twitter

 

Instagram

 

パズドラ

 

ツムツム

 

モンスト

 

 

 

 

といった答えがかえってくると思う。

 

だが私のこの質問はレトリックである。本質は、

 

 

 

 

「なんであなたはこんな無駄なことに時間を使えるのか?」

 

 

と聞いているのである。

 

 

 

 

 

同世代の若者をすべて敵に回すことを言っていると自覚している。

 

 

 

 

 

 

しかし、スマホに興じる彼ら・彼女らは、何ら生産的でない行為に身を投じることに違和感を感じないのであるから、正直私にはついていけない。

 

 

 

 

 

 

インフルエンザの治療より優先すべき、精神病である。

 

 

 

 

 

 

2.スマホはあなたの命を削っている

 

あなたが、例えば、1日2時間スマホを使ったとしよう。

 

 

 

 

 

 

 

メール、LINE、ゲーム、ネットサーフィンなどなど

 

 

 

 

 

 

 

人によっては、2時間どころでは済まない人も多いであろう。

 

 

 

 

これを一年というスパンで見た場合、あなたは、11ヶ月しか時間がないということになる。

 

 

 

あなたは、スマホを触るだけで、寿命を1ヶ月捧げているのである。

 

 

 

 

 一年は12ヵ月というのは「ウソ」と言える。

 

 

 

 

 

 

 

おそろしくないだろうか?

 

 

一日にたった2時間である。

 

 

しかし、一日の12分の1を使っていると考えれば、この計算は正しいようだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

一日というスパンで見れば、どうということもないが、1年というスパンで見ると震えるような時間を失っていることになぜ気づかないのだ?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

3.スマホを辞めないか?

 

 

いつも読んでいただいている人には申し訳ないのだが、この結論は曲げられないのである。

 

 

 

 

 

何度でも言わなければ、その毒性に人々は気付いてくれない。

速く辞めなければ、あなたの寿命をどんどん削っていくのである。

 

 

 

 

 

 

 

 

私の意見は、日本人全ての人が読むべきだと思うのだが、基本的に私の記事は、SNSなどで人気になることはない。

 

 

 

なぜなら、SNSを使うこと自体を避難しているからだ。

 

 

 

 

 

 この考えを普及させたいという考えと、私の思想は超えられない矛盾があり、私も悩んでいるところである。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

無駄なことばっかじゃないし。役に立つことたくさんある。死ね!

 

 

 

 

 

 

 

と言われるかもしれない。

 

彼ら・彼女らは、大義名分として、「情報収集」や「コミュニケーション」の重要性というのを上げてくるだろう。

 

 

 

 

 

 

 

 

しかし、実際はその大半が「無駄」の一言で片付けられるのではないか?

これに気付いたのは、私が大学4年の時だ。

 

 

 

ふと振り返った時、スマホを使っていた時間で鮮明に記憶していることなど何ひとつもなかったのである。

 

 

 

 

 

 

私が認知証の可能性もある。だが、この意見に首を縦に振る人もいるはずだ。

 

 

 

 

 

ただ時間だけを失っていく、とんでもないものを多くの人が、四六時中触っているのである。 

 

 

 

 

 

 

「道具というのは、使う人を選ぶ」というのはまさにその通りで、バカにスマホを与えても、ろくなことがない。

 

 

DMM

xvideos

 

のようなエロサイト

 

 

Facebook

Twitter

LINE

 

 

のような欺瞞に満ちた99%がウソに満ちたコミュニケーションフィールド

 

 

パズドラ

モンスト

 

 

のような退廃人間製造ゲーム

 

 

 

 

 

スマホを彼ら・彼女らは、そういった用途でしか使えないのだ。

 

 

 

 

 

 

 

そうは言いつつ、上記に上げたものを使っていない人はほぼいないと私も思っている。

 

なので、私はすべての人を敵に回しているといえる。

 

 

 

 

 

 

 

だが、スマホで寿命をどんどん削っている人を救いたい。

 

 

 

私は、医学の知識はなにもないが、時間の無駄を省くという治療ならできる。

 

 

 

 

 

 

どうだろう。

今すぐにでもスマホを手放してはいかがか? 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お読みいただきありがとうございました。

 

f:id:zyunn14641:20160210231257j:plain

 

www.amazon.co.jp