私は高杉晋作

読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

私は高杉晋作

頭がおかしいと言う人が「頭がおかしい」

「若者が3年で3割やめる現象」は本当に悪いことなのか考えてみた

「3年3割」

 

という言葉が流行るようになって久しいと思います。

もちろんこれは、企業の新卒採用で入社した若者の3年後の離職率です。

 

 

 

「わがままで忍耐力のない若者」

「夢を追いかけるという寝言をいうバカ」

 

 

こういうものが採用担当者の本音かもしれません。

ただ、巷にあふれる「3年3割」に関する報道は極めて偏向ではないでしょうか?

 

 

というのも、そこには「辞められる側の論理」が語られるばかりだからです。

 

今回は城繁幸氏の著書を使って「辞める側の論理」について考えていました。

物事を多面的に捉えるために参考にしていただければと思います。

 

 

  

1.年功序列崩壊のプレリュードに最も敏感なのは若者たち

 

「終身雇用」「年功序列型賃金制」

 

これが日本の雇用形態を表す言葉です。

高度成長期は上手く回っていたこの論理が昨今の低成長時代にあっては、ほころびが見え始めています。

 

 

 

 

なぜそう言えるかというと成果に関係なく固定費(人件費)を増やしていくことは高い成長性が前提になるからです。

 

 

 

 

 

ただ、繰り返しになりますが、現在はゼロ成長が何年も続く低成長時代です。

とはいえ、組織というのは大きければ大きいほど体制を変えるのは容易ではありません。

 

 

 

結局企業は、「低成長」と「年功序列型賃金制」という矛盾を「新卒採用人数絞込」と「若者の非正規社員化」でまかないました。

 

 

 

 人数を絞り込んでも業務は同じだとどうなるでしょう。一人の従業員に大きな負荷がかかります。これは離職を誘発します。 

 

 

 

 

 

また非正規化推進というのも若者が永遠に賃金が上がらないことやスキルを身につけられないことを悟れば離職に繋がります。

 

 

 

 

 

 

 

我々が持つべき視点は、「今の若者はだらしない」と安直に思うことは、おっさん世代の既得権擁護に繋がるという視点です。

 

 

 

若者自身は、いち早くこの矛盾に気づきオヤジ世代のために安月給で激務に耐える気などさらさらないということなのです。

 

 

2. 「やりがい」というのは幻想ということにも気づいている若者たち

 ここは持論です。。

 

 

 

 

「この仕事はやりがいがある」

「仕事においてやりがいは大切」

 

 

 

 

私自身就職活動時代にも度々聞いた言葉です。

 

 

 

 

 

これは洗脳だと思わないでしょうか?

 

 

多くの人びとの働く基準で「やりがい」という言葉が出てくるのに、上手くこの言葉を分解して説明できる人はいないからです。

 

 

 もう少し掘り下げましょう。

 

 

 

簡単に言うとこの言葉は大きな欺瞞を縫合しています。

例えば、あなたに将来的な目標や野望があったとしてそのプロセスにおいて努力する過程で「やりがい」という言葉は出てきますか??

 

 

 

 

この言葉を使う人はおおよそ将来的に何かしたいことはなく、「ただ毎日辞めたくならない程度に続けられる」という言葉を「やりがい」と言い換えているだけではないでしょうか??

 

 

 

 自己洗脳しないと壊れそうなメンタルをなんとか持ちこたえさせる言葉が「やりがい」なのです。

 

「満員電車にゆられて腹の出たオヤジ」

「プロ野球観戦が生きがいのオヤジ」

「給料日の銀行口座をみるために働くオヤジ」

「月2万のお小遣いでやりくりするオヤジ」

「毎日飲み歩くオヤジ」

 

 

彼らにやりがいの「や」の字も私は見えたことがありません。

ただ、惰性で棒給のためだけに生きていると思うのです。

 

 

 

 

こういう将来を嫌悪し、若者が辞める選択を実施することをバカといえますか??

 

 

 

3.若者悪玉論との向き合い方

 

ここまでくると若者が一概にダメな集団とはいえないのではないでしょうか?

古代エジプトの石版にも「近頃の若者は、、」と書かれていたといいます。

 

 

 

 

ですが、こういった辞められる側の立場に立つ人は「既得権益を持った人を擁護する」ということになります。

 

 

 

 

また、政治家がよく「格差是正」という言葉を使いますが、この「格差否定論者」を安易に信頼してはいけません。

 

 

多くの場合、同世代間の格差是正に目は向くのですが、世代を超えた格差はほぼスルーするからです。

具体的に言えば、賃金や年金、雇用機会などキリがありません。

 

 

心から格差是正を願うなら現在の年功序列型賃金制を破壊してガラガラポンしないといけないのです。

 

 

 

 

 

 若者は明白に厳しい状況に置かれています。

その原因は、経済にもありますが、業績成果に見合わぬ高給取りのオヤジ世代にもあるのです。

 

 

 

 

お読みいただきありがとうございました。

 

f:id:zyunn14641:20151223232140j:plain

www.amazon.co.jp